リビング・ダイニング

クオリティ

リビング・ダイニング

Ecology

自然にも家庭にも優しい、エコロジー&エコノミーな暮らし。

キッチンの使い易さを考えた新世代蛇口スタイル

みず工房クローレ

従来のシングルレバー混合栓と比較して約41%の省エネ効果

image

〔水道代で約1,600円お得・ガス代で約7,000円お得!〕

【算出条件】■使用人数:4人家族 ■年間使用日数:365日■使用料金:〈水道〉265円[税込]/㎥※(一社)日本バルブ工業会〈ガス〉148円[税込]/㎥※(一社)日本バルブ工業会■CO2換算係数:〈水道〉0.59kg/㎥※省エネ・防犯住宅推進アプローチブックより〈ガス〉2.23kg/㎥※(一社)日本バルブ工業会

image

高圧一括受電システム

電力会社から電力を一括購入し、各戸へ供給致します。高圧電力を一括で購入することで、マンションの電気料金が地域電力会社よりも安く提供されます。

高圧一括受電システム

エコジョーズ

排気の熱を再利用するため、少ないガス消費量で従来と同様の加熱効果が得られるガス給湯器「エコジョーズ」を採用。地球にも家計にも優しい高効率給湯で、CO2の排出低減や、低ランニングコストを実現します。(給湯器はリース対応)

エコジョーズ

  • image
  • 高効率
  • 節約
  • 環境性

【従来品との比較】給湯(ふろでの使用も含む):15,300MJ/年(内訳:給湯13,772MJ/年、ふろ1,528MJ/年)(ガス石油機器販売事業者表示制度より)ガス料金は東部ガス一般ガス供給約款料金表Bの2017年1月1日時点での基準単位料金。床暖房使用量は含まれておりません。ただし、ご使用量によりおトク額は異なります。

節水仕様で大幅節約 「節水トイレ」

年間で約14,100円もお得な節水仕様で節水率70%。従来のものと比較して、使用する水の量をカット。エコや経済に配慮した節水タイプのトイレです。

image

image

※使用人数=家族4人(男2人・女2人) ※使用回数=大1回+小3回/日・人 ※「省エネ・防犯住宅推進アプローチブック」より ※ウォシュレット使用回数=16回/日(大4+小(女性8+男性4)) ※省エネ法(2012年度基準)より ※年間使用日数=365日 ※使用料金(消費税8%で試算) 水道代=265円(税込)/㎥ 【従来便器】1987~2001年商品(C720R) 洗浄水量=13L/回(大小とも)の便器

入浴時はシャワーで節約 「エアインシャワー」

空気を取り込むことで、従来のシャワーと比較すると約35%節水しながら、従来どおりの浴び心地を実現しています。

image

image

【試算条件】使用人数=4人家族、浴槽年間使用日数=335日、「(国研)建築研究所 平成28年省エネルギー基準に準拠したエネルギー消費性能の評価に関する技術情報(住宅)」にて算出。【比較品】最適流量6.5L/分(使用湯水量削減効果35%)※最適流量:(社)日本バルブ工業会の定める方法により、社内モニターにて測定した「一番使いやすいと感じる流量」であり、流量の上限を意味するものではありません。※算出数値は、上記設定および試算条件に基づくものであり、記載通りのCO2排出削減量・削減金額を保証するものではありません。【引用元】「(国研)建築研究所 平成28年省エネルギー基準に準拠したエネルギー消費性能の評価に関する技術情報(住宅)」および自社基準

断熱構造

外壁には厚さ約35㎜以上の硬質ウレタンフォームを施し、各階熱橋現象の起きやすい床スラブの下にも、折り返しの断熱を施しています。(一部除く)

※断熱材の仕様によって厚さが異なる場合があります。

概念図概念図

複層ガラス

サッシは、断熱効果を高める複層ガラスを採用。冷暖房のエネルギー効率がアップします。また、結露の発生を抑える効果もあります。(一部除く)

※結露を完全に防止することはできません。結露対策には適度な換気が必要です。

概念図

二重サッシ

南・東・西面の窓にはサッシを2重に設置。断熱・防音効果を高め、快適な住空間をつくりだします。

二重サッシ

Construction

信頼の技術を幾重にも。未来を見据えた価値ある邸宅。

品質管理プロセス

どんなに厳しい建築基準があっても、それが実行されていなければ意味がありません。そこで、フージャースコーポレーションでは、検査機関や設計者・施工者の検査とは別に、フージャースコーポレーション独自の設計基準、品質マニュアルに基づく検査を実施しています。各分野の専門家がチェックすることにより、品質の確保に努めています。

aaa

★「品質管理担当者」による現場検査
○瑕疵担保保険会社による現場検査
▲確認検査機関による現場検査

〈その他の検査内容〉
●随時検査2回/月 ●〈月次報告〉施工会社現場所長・設計監理者による報告書提出
●各階コンクリート打設前設計監理者による現場配筋検査

『オールケーシング』工法(現場造成杭)による支持杭を採用

着工前に綿密な地盤調査を実施し、安定性をチェック。その上で万が一の地震にも配慮し、地盤面から15.0m前後にある強固な支持層に、BCJ評定※のオールケーシング工法により杭を打設。また場所打ちコンクリート杭は合計28本支持層に埋設し、建物をしっかりと支えます。

※BCJ評定:
一般財団法人 日本建築センターによる評定

支持杭概念図

隣戸とのプライバシーに配慮した戸境壁

隣戸同士が互いの空気伝搬音に悩んだり、プライバシー侵害を感じないよう、戸境壁のコンクリート厚を約200mm以上確保しています。

概念図概念図

建物の劣化防止

セメントに対する水の重量比を50%以下(JIS規格による)に抑えることで、コンクリートの耐久性を向上。かぶり厚と合わせて劣化対策等級3の品質を確保しています。(一部除く)

aaa

この値が小さい程、中性化が進みにくい
“耐久性の高い”コンクリートになります。

Emergency

万一の災害時に備えた、こだわりの防災設備の数々。

地震・停電・管制エレベーター

地震を感知すると最寄の階に停止し、ドアが開きます。また、停電時にも点灯したまま最寄りの階に止める「停電自動着床装置」を設置しています。

概念図

地震の初期微動P波を感知します。

P波センサー採用

大きな震動エネルギーである本震(S波)が来る前の初期微動(P波)を感知するので、より迅速な避難が可能です。

地震波イメージ

地震波イメージ

対震枠

大きな地震でドア枠が変形しても閉じ込められることがないよう、ドア本体と枠の間に適切な隙間を確保しています。

概念図概念図

地震の初期微動P波を感知します。

P波センサー採用

大きな震動エネルギーである本震(S波)が来る前の初期微動(P波)を感知するので、より迅速な避難が可能です。

地震波イメージ

地震波イメージ

Security

24時間・365日の安心と安全に包まれたシティライフ。

「SECOM」の監視システム

信頼のセキュリティシステムに豊富な利便機能を付加。ご家族の安心を24時間・365日守り続け、何よりも大切な「安心」をお届けいたします。

SECOM

発生した異常にいち早く対応

カラーモニター付ハンズフリーインターホン

受話器を持たずに会話ができる便利なハンズフリーインターホン。集合玄関機前でのカラー映像・音声のチェックが可能です。

カラーモニター付ハンズフリーインターホン

防犯サムターンダブルロック

ピッキングに強いリバーシブルディンプルキーとともに、玄関ドアには2カ所の錠でさらに防犯性を高めています。

概念図

鎌形状デッドボルト

デッドボルトが鎌状になっており、鎌が受けから外れにくく、高い防犯性能を示します。

鎌形状デッドボルト

防犯エッジ

ドア枠とドアの間に薄板等が差し込まれ不正に解錠されないよう、玄関ドアに防犯エッジを採用。上から下まで付いているので施錠状況が見えません。

防犯エッジ

※掲載の写真には一部有償オプション・メニュープランが含まれています。